スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • 2009.04.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


スポンサードリンク

スキーツアー、新幹線
<< 失業保険、会社都合でもらえる基本手当 | main | ホリエモン ブログ アメブロ >>

スポンサードリンク

スキーツアー、新幹線

 

スキーツアーを新幹線で行った経験のある私も、最近はスキーの話題を聞かなくなった。

私がスキーに行っていた時期は、
80年代末。

80年代は、バブル経済へと向い、もっとも消費が盛んになった歴史的瞬間だった。

70年代のポパイ創刊を皮切りに、ストイックな目標を失った日本が、消費とモラトリアムにおぼれていく時代でしたね。

誰もが根性論を廃して、テニスとスキーに向かっていった。

スキーツアーを新幹線で行く場合、私は朝早く起きて、大宮駅発の新幹線で越後湯沢に行ったものでした。

そこからバスで丸山スキー場とか行きましたね。確か日帰りが多かった。

その当時は、スキーグッズの
TVコマーシャルが多く放映され、また、スキースティックを屋根に固定する器具を装備した車も多かったし、スキー用具を車輪付のボストンバッグに入れてゴロゴロ転がしてる若い女性も週末にはよく見かけたものです。

最近ぜんぜん見なくなってしまったのですが、どうしたのでしょうか?

スキーツアー、新幹線は今だ健在のようですが、客数はピークに比べるとだいぶ減ってきたのでしょう。

現在の大不況で、エネルギーを使う消費自体が力を失っていくような気がします。

これからゴルフもどうなんでしょうか?

若い人のゴルフへの参入は激減していくと思われます。

私も最近は接待ゴルフが死滅したので、趣味で友人としかゴルフをしておりませんが、ゴルフのために朝早く起きるというのが、本当に嫌でした。

年寄りの愚痴のようですが、これから老人の国になっていくわけで、これもトレンドであるという理解が必要かもしれません。


スポンサードリンク

スポンサーサイト

スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • 2009.04.18 Saturday
  • -
  • 19:42
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • by

スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
チェ・ゲバラ
チェ・ゲバラの映画評に村上龍がコメントを大きく載せていた。宣伝文でもあるだろう。いつもこの作家の鋭い批評には、感心させられる。経済的自立云々は当然のこととして、「求められているのは景気回復などではなく、価値の転換であると思う」。名言だ。
  • 塔上の奇術師
  • 2009/01/03 11:05 AM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM